読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パナソニックが好評です NationalPanasonicナショナルを比較に比較し「厳選」した1つの商品です ハブラシ

オススメです!9年経ったドルツ!徐々に稼働時間が短くなり近頃は2分間も保たなかったのに!電池交換と歯ブラシ取替えで新品の様に蘇りました。故障した歯ブラシが復活しました。問題なく稼働しました。

コスパ最強と噂の!

2017年02月21日 ランキング上位商品↑

ナショナル パナソニック ハブラシ NationalPanasonic【在庫あり!】ナショナルパナソニック音波振動ハブラシEW1023、EW1024用 蓄電池★1セット【NationalPanasonic】※1台の交換に必要な分だ

詳しくはこちら b y 楽 天

新規で購入せずに済み助かります。外装から内部アッシーを引き出すことにコツが必要で慎重に進めて、古い電池を購入させていただいた新品に交換しました。本体は結構ひびが入っている箇所もありますが電池を変えたところ正常に動作しております。すぐにバッテリー切れをおこしはじめたので商品ごと買い換えるつもりでしたが!何となく検索してみたら交換用のバッテリーが購入できるとのこと。ブラシ取り付け金属部を机に軽く押さえつつ!裏蓋ネジを緩め中にある2つの爪をマイナスドライバで優しく起こして!内部構造物を引き出します。計測していないので正確には不明であり!あくまで感覚ですが!電動歯ブラシのカタログ上は!新品だと「約15時間フル充電で連続約45分間使用可能」なのですが!3分/回×10回=30分くらいの感覚です。ドルツに対する信頼感も増したので、そろそろ子供達にも買い与えようと思います。他の方のレビューにも書かれている通りです。3)そしてバッテリー交換。電動ブラシは動作しますが、充電ができなくなったので、交換用に購入。通常だとメーカー送付修理になるようですが!5000円程かかり結局のところ買い替えに落ち着いてしまうようですが!コチラでバッテリーのみを購入!入れ替えをすれば500円程度で済む為!お勧めです。充電池のみの入手で安上がりな修理が出来ました。電動歯ブラシが動かなくなり裏蓋を外すも中を取り外せなく1年位ほったらかしていましたが、思い出した様にネット検索すると同機種で電池交換方法を詳細に案内されたサイトがあり電池もこちらのサイトのリンクが貼られており簡単に交換出来無事復活しました。自分で簡単に交換できて!このお値段とは!嬉しいかぎりです。ちゃんと、保護材も一緒についてきて大満足です。交換方法が商品についていないのでパソコンで調べましたがそんなに見つけるのも大変ではないので問題ないようです。満充電で1分程度しか使えなかったのが、見事に新品時の持ちに復活。交換作業はインターネットサイトの画像を参照すれば至極簡単です。電池を引き出すのに少々てこずりましたが、無事交換できました。電池交換については!映像付きで解説してくれている個人サイトを見つけたので!速やかに交換できました。ドルツ EW1023が充電完了してるのにスイッチONで1,2秒で停止を繰り返したので今回バッテリー交換のために購入しました。個人的には!買い替える必要が無くなって大満足です。本来ならばPanasonicのサービスに電池交換を依頼しないといけないタイプみたいですが!簡単にできるようだったのでこちらで購入。これだけだややコツがいるのみで、充電池の極性を正しくセットして戻します。電池交換のやり方も、検索すれば画像入りでいろいろ出てきたので問題なくできました。 蓋側にOリングが付いてるので、掃除&ワセリン等を塗ると良いと思います。8年程使ったドルツが充電時間が極端に少なくなり、使用時間も数十秒でアウト!ドルツ専用替ブラシを大量保有している為、充電池の交換を自力でする事に。電池が劣化したので、本品と交換しました。特に歯ブラシは水に付着するので、分解/組み付けを行うと防水効果が薄れ中に水が入り故障の確立が高まります。電動歯ブラシの電池が弱くなっていたので、購入しました。電池だけでも取扱いしてあり非常に助かりました。但し!ある程度分解と組み付けがありますので注意ください。これでまた数年は使えるでしょう。本来!サポートセンターでの交換扱いみたいなのですが!電池が売っていたおかげで安く交換できました。最初の使用は!満充電から空になるまで使用を2回程繰り返し充電池の安定化を図りました。当然と言えば当然ですが!またきちんと使えるようになりありがたいです。ありがとうございました。45分に対し30分であったとしても、安価に復活したので満足です。 そして!写真の黒○の部品に注意して左右に掛かってる ツメを細いマイナスドライバーで起こしながら!本体のブラシが刺さる部分を 蓋を外した側へ押し出すと本体がすっぽり抜けます。。 *黒○の部品は充電する為の部品で固定されてません これを引っ張ると部品が破損し充電が出来なくなるので 絶対に引っ張らないように。無事交換できましたが!あまり細かな作業が得意でない方は!難しいかもしれません。 本体、蓋を戻して完了。古くなったドルツの電池交換。貴社のおかげです。1)バッテリー +/−端子が似てるので方向注意2)底蓋のねじをプラスドライバーで外し!蓋を外します。但し電池取り付けの片側の端子に緑の錆みたいな物が出てた為かしばらくすると直ぐに止まる症状が出て再度外して念入りに落とし動いていますが又動かなると定期的にメンテ必要かもです。交換作業のために、底のカバーをあけるのが少々難しいですが、交換後ちゃんと復活しました。買い替えも考えましたが、非常に低コストで復活しました。よって!1回満充電で2週間程は使える様に成りました。近所で売っていないので、便利です。ネットで交換方法を探して、簡単に自分で交換できます。本来であれば!パッキンやOリング類の交換も要りますが売ってないので!私はOリングの部分にワセリンを塗り組み上げました。